スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ここ数週間のこと(その2) 

それで、5月23日に入院をして、5月27日に手術をしました。

手術は10時からなんですが、9時には全身麻酔をかけるため、手術室に行ってしまうんです。私はその日の朝、間に合わなくて、母は6階の病室から、2階の手術室に行ってしまった後でした。本当に申し訳ないと思いました。

手術は5時間ほどかかると言われましたので、一旦家に帰り、また夕方出向きました。

手術は10時に執刀開始で、16時50分に終了しました。
そして、17時20分ぐらいに執刀医の先生にお話を伺うことができました。

先生によると手術は「結構大変だった」との由。
その理由は三つほどあります。

1. まず、動脈瘤は脳の一番奥にあるのだが、そこに行き着くためには前頭葉と側頭葉の間の溝を広げなければならない。ところが母の場合、その溝のへりに沢山の血管が巡っていて、破らないように剥すのが大変だった。

2. 動脈の上に動脈瘤ができ、さらにその横にも動脈瘤ができていた(要するに鏡餅状の動脈瘤があった)のは術前からわかっていたが、開けてみると、その鏡餅の下の方のお餅から、正面に向かって別のお餅が生えていた。これはCTにもまったく映らなかったらしい。で、その上のお餅が二つとも、色が真っ赤になっていて(普通血管はピンク色なんだそうです)、中を血液が巡っているのが見えた(つまりそれだけ壁が薄くなっていたという事)。

もし、それが破裂していたら…。と思うと、本当に今手術してよかったなあと思います。


3. 動脈瘤の上と下には、動脈瘤の付け根に重なるようにして、細いけれどもとても重要な血管が2本走っている。これは術前から伺っていたのですが、いざ開けてみると、動脈の陰に隠れてこの重要な血管2本がまったく見えなかったのだそうです。動脈瘤の手術というのは、動脈瘤の根っこをクリップで留めてしまうのだそうですが、何回やっても、どうしても、クリップが下の方の、細くて重要な血管を挟んでしまう。

でも最後には、ちゃんと、両方の細くて重要な血管を挟まないように留めてくださったのだそうです。

このような事情で、術前は4~5時間と言われていた手術が7時間かかったらしいです。

一つ一つの説明を伺う度に、私は「先生、手術を成功させていただいて、ありがとうございました。」と繰り返していました。

そして、「7時間もの長い間、先生、ありがとうございました。」と申し上げますと、「私は別にいいですよ。」とおっしゃっていました。

そして、30分程先生とお話した後、ICUで母と会うことができました。

まだ話せませんが、私の言う事はわかるようでした。
「この病院は、先生も、看護師さんも、素晴らしい人達だから、安心していいんだよ。」と言うと、右手を強く握り締めてくれたのが、とてもうれしかったです。(*^_^*)

やっぱり、こういうことがあると、神様っていらっしゃるんだろうな、と思ってしまいます。

はっきり言って、この先生の実力はかなりすごいです!!
もし他の先生だったら、ここまでうまく行かなかったかも知れません。
一応この場では病院名と先生の名を出すことは差し控えますが、もしお知り合いなどでよい先生を探している方がいらっしゃいましたら、お気軽にお尋ねください。




[ 2009/06/14 08:02 ] 管理人雑記 | TB(0) | CM(0)

ここ数週間のこと(その1) 

ブログ更新が本当に久しぶりになってしまい、申し訳ありません。
これからは、気張らず、本当に自分の好きなことを、好きなように!書いていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


事の初めは、母が病院でどっかの検査の結果を聞いている時、看護婦さんが「そう言えば、頭の方は大丈夫ですか?」と言ったのがきっかけ。

実は母は以前から脳動脈瘤があったのですが、昔検査した時には5mmぐらいだったんです。

注:ここら辺はこたさん辺りが詳しいのだろうけど、動脈瘤と静脈瘤でどっちが危ないかと言えば、圧倒的に動脈瘤の方が危ないんです。

心臓から流れていく血液を運ぶのが動脈、
逆に心臓に向かっていく血液を運ぶのが静脈です。

当然、動脈の方が血液を運ぶ量も多く、中を流れる血液の勢いも良い訳です。よく、映画なんかで、スパッと切ると血がぷしゅーっと迸りますが、あれは動脈ね。静脈は、じわじわと浸出していくのだそうです(母の主治医先生談)。

そんで、動脈瘤はだいたい6mmを超えると危ないと言われるのね。
で、母が少し前に検査してみたら、6mmぎりぎりぐらいだったんですよ。
それを前出の看護婦さんに言った所、横にいらした先生が、

「じゃあ、僕のいる病院(=慶応病院)では(患者の)人数が多くてよく診れないかも知れないから、僕が行っている病院を紹介してあげましょう」

ということで、台東区のある病院を紹介していただきました。

それで、今回母の主治医となったのが、なんと脳外科の部長先生!!
こんなの慶応病院では望めるかどうかわかりません、正直な所。

で、4月27日に検査入院して、29日に退院しました。
検査というのは、腕から首の付け根までカテーテルという細い管を通して、そこから脳に向けて写真を撮るんです。母曰く、検査中はちっとも痛くなかったそうです。

4月29日に部長先生からお話を伺ったのですが、

・血管に、まず一つの動脈瘤ができて、これが直径10mm位、その上にお鏡餅みたいにもう一つ動脈瘤ができていて、これが直径6mm強。

・しかもお鏡餅の根っこに2本、とても細いけれど重要な役目を司る血管が通っている。これを1本でも損なうと、麻痺などの重大な後遺症が生じる。

というわけで、カテーテルによる施術は無理なので、やるなら開頭手術しかない、どうしますかと言われました。当然、発生するかも知れない様々なよくないことについても説明を受けました。

母と私は、即断で、「お願いします」と申し上げました。
ほっといても小さくなる訳ではないですからね。




[ 2009/06/14 08:01 ] 管理人雑記 | TB(0) | CM(0)

【DreamNews】 ケーキを買ってケーキをもらおう!! 


ひゃあ!!下にご紹介した五洋食品産業さんからビッグニュース!!



DreamNews
今日のイチオシDreamNews


冷凍スウィーツ専門サイト「TEN-CUT(10-cut)」は毎月10日にキャンペーンを実施中(本日は24時まで)!900円以上お買い上げの方にはもれなく濃厚チョコ(ベルギー産)ケーキのプレゼント!
五洋食品産業株式会社





これは今すぐ注文するしかないですね!!
私もこの記事をアップしたら即行で注文します

詳しい記事はこちらから読めますよ。






[ 2008/12/10 10:30 ] お得インフォ | TB(0) | CM(0)

【DreamNews】 この冬は自宅でケーキバイキング!! 

それではDreamNewsさんからの素敵なフードニュースの2件目です。



DreamNews
今日のイチオシDreamNews

この冬は自宅でケーキバイキングしませんか?できたての品質を食べる直前にお届けする「冷凍スウィーツ」のご紹介です。保存も便利です!通販専用サイトがオープンしました!
五洋食品産業株式会社




これ、マジで使えると思います!!
特にクリスマスに!!

だってだって、国際品質規格マネジメントシステムISO9001を取得した工場で生産して、ベイクドチーズケーキ「2008年モンドセレクション金賞」を受賞したんですよ!!

ベイクドチーズケーキの他にも、モンブランシリーズフリーカットケーキもあるそうです。

そして、送料無料お得なセットもあるらしいです!!

写真も見てきましたが、本当においしそうでした!!

クリスマスは女の子同士でわいわいホーム・ケーキバイキングをやるもよし、

男の子は、もしかして家に彼女を呼べるチャンスかもよ!?
(ただしケーキバイキングを楽しんだ後は健全に過ごすようにw)

と言うわけで、興味の湧いたあなたは、こちらをクリックしてGO!!なのです。






[ 2008/12/10 09:58 ] お得インフォ | TB(0) | CM(0)

【雑記】 母が突然言い出した。 

クリスマスにはうなぎを食べる!!」

なんで真冬うなぎなんだ。w

聞いたら、

「鳥食べるとこないもん」
「うなぎ食べたら元気になれそうだから」

かつて「可愛いから」という理由で、クリスマスツリーミニこけしをつるした母親なので、あながち冗談ともとれないなあと覚悟を決めていると、

「やっぱり鳥の足をダシにしてスープを作る。あんたにもそれあげるよ」

お母様、ありがとうございます。




[ 2008/12/09 12:14 ] 管理人雑記 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。