スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これ便利!!(Googleの効果的な使い方) 

さてちょっとキャンペーン情報が続きましたので、今回はちょっとティップス(知恵)ものを。

みなさんは検索エンジンに何をつかってらっしゃいますか?
「ぐぐれ」という言葉があるように、Googleをお使いの方も多いのではないでしょうか(かく言う私もその1人です)。

で、「ぐぐる」には、わからない言葉をそのままぽーんと入れれば言い訳ですが、もっと便利な使い方が色々あるのです。今回はそれをご紹介します。

※このブログの左コラムにGoogleの検索窓があります。よかったらご利用くださいね。

Tipsその1: 絞り込み検索をしよう!!

これはもう既になさっている方も多いかも知れません。Googleの検索窓に、単語を一つ入れるのではなく、二つか三つ(まあいくつでもいいのですが)の単語を、ワンスペースを入れながら入力するのです。これで希望の条件にあったサイトが探し出せます。

例えば、恵比寿で食べ放題のお店を探したいなあと思ったら、「恵比寿 食べ放題」と入力し、検索ボタンを押すか、エンターキーを押します(私はいつもエンターキーですね)。

すると、このように、「恵比寿」「食べ放題」両方の言葉を含むサイトがリストアップされて表示されます。↓
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%81%B5%E6%AF%94%E5%AF%BF%E3%80%80%E9%A3%9F%E3%81%B9%E6%94%BE%E9%A1%8C&lr=

検索した言葉が太字で表示されるので、わかりやすいですね。

また、お店などを検索する場合は、例えばこの場合はホットペッパーさんが出していらっしゃいますが、お店や会社さんなどが広告を出していて、それが右や上に表示されます。そちらをクリックして調べてみるのもいいですね。(*^_^*)

さて、よさそうなお店は見つかりましたでしょうか?


Tipsその2: 「とは」は魔法の言葉

みなさん、わからない単語が出てきた時は、どうやって調べていますか?
辞書を引く?goo辞書のようなオンライン辞典を利用する?

それでもいいんですが、ちょっとめんどくさいですよね。辞書を持ってきたり、ブックマークしたサイトに飛んだり。

こんな時にもGoogleは使えるんです。

わからない単語のあとに「とは」をつけて検索してみてください。

例えば、「ビジネスモデル」という単語がわからない場合、「ビジネスモデルとは」と入力して検索します。そうすると、このような結果が出ます。↓
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF&lr=

Googleは、最も多くリンクされているサイト(すなわち、最もよく見られているサイト)が一番上に表示されます。この場合はこちらですね。↓

【IT用語辞典 e-Words】
http://e-words.jp/w/E38393E382B8E3838DE382B9E383A2E38387E383AB.html

というわけで、「わからない単語+とは」で入力し、出てきた表示の上の方のサイトの説明を読めば、その単語の意味がわかるというわけです。


Tipsその3: キャッシュを利用しよう!

Googleの大きな特長の一つに、キャッシュ表示ができるという点があります。

※キャッシュ(cache)の意味がわからない時は、早速2.の方法で調べてみましょう!

まあキャッシュとは、PCに一時的に保存された情報ですね。で、検索エンジンはそれを拾っていくわけですが、Googleは、このキャッシュ情報を表示することができるんです。

例えば、私も見てました、話題になったあのドラマ、「女王の教室」で検索してみましょう。このような検索結果が出ると思います。↓
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4&lr=

この表示の4番目に、「女王の教室研究部」というサイトがありますね。ここを、キャッシュで開いてみましょう。キャッシュで開くには、緑色のリンク表示の右の「キャッシュ」という言葉をクリックします。その結果がこちらです。↓
http://209.85.175.104/search?q=cache:t1V4PuIbqqMJ:www.geocities.jp/jyoounokyositu_kenkyubu/+%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4&hl=ja&ct=clnk&cd=4&gl=jp

どうでしょう。黒い画面に、検索した言葉が黄色く表示されていますので、とても見やすいですよね。

Tips1の絞り込み検索と、このキャッシュ表示を組み合わせて使う事もできます。

今度は「女王の教室 阿久津真矢」と入力して検索してみてください。
このような結果が出ると思います。↓
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4%E3%80%80%E9%98%BF%E4%B9%85%E6%B4%A5%E7%9C%9F%E7%9F%A2&lr=

さてこの表示の上から7番目に、「女王の教室 詳細ロケ地情報」というサイトがありますね。
このサイトを、先ほどと同じやり方で、キャッシュで開いてみましょう。このように表示されるのではないでしょうか。↓
http://72.14.235.104/search?q=cache:NbM9EIki1usJ:loca.ash.jp/info/2005/d200507_jyoou.htm+%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4%E3%80%80%E9%98%BF%E4%B9%85%E6%B4%A5%E7%9C%9F%E7%9F%A2&hl=ja&ct=clnk&cd=7&gl=jp

ご覧のように、複数の単語を入れて検索した場合、キャッシュ表示は、それぞれの入力された単語を別の色で示します。このサイトの場合ですと、例えば阿久津真矢が出ているシーンが知りたいなと思えば、キャッシュで表示させれば、このように一目瞭然です。いちいちメニューバーの「編集」→「このページの検索」で検索する必要がないから、とても便利ですね。(*^_^*)

また、キャッシュは、Googleが各サイトから取り込んだ情報ですので、そのサイトが削除されていても、キャッシュ表示させると見れる事があります。これも覚えておくと便利かと思います。

以上、Googleの便利な使い方について、私の知っている範囲でご説明しました。
何かのお役に立てば幸いです。

みなさんも、どんどんぐぐってみてくださいね!!
スポンサーサイト





[ 2008/01/13 16:43 ] お得インフォ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sistersun.blog42.fc2.com/tb.php/27-3c43ef81






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。